規約について




ロケーション先では公序良俗、社会通念に沿っての行動をお願い致します。参加規約に書いてないからと、これらを顧みずに迷惑行為、ロケーション先を毀損させる行為はお控えください。また、参加規約・スタッフの指示をお守りください。スタッフやロケーション先関係者の指示を守らず、迷惑行為、違法行為を行った場合、しかるべき機関に通報し、ロケーションからの退場(料金払戻なし)、フィルムや機材・メモリ ーカードの没収、今後弊社主催のイベントへの申込み、参加をお断りします。 施設、備品を毀損させた場合は、当事者による賠償責任となります。また、イベント当日の事故や怪我、不利益、経済損失等は一切の責任を持ちません。 作品、衣装、小道具につきましては、前以てご相談ください。 貴重品の自己管理をお願い致します。紛失の責任は負いません。忘れ物をした場合は、速やかにHostel Ayameまでご連絡ください。ロケーション先へ問合せはお止めください。高校生未満の方の参加は親御さんの承諾書が必要です。



撮影マナーについて
公序良俗、社会通念に沿って行動をお願い致します。1グループでのスペースの独占をお控えください。譲り合いの精神で撮影をお願い致します。 専有可能スペースはございません。一般の方もいらっしゃいます。 あまりにも1か所での撮影が長い場合、スタッフが移動をお願いする場合がございます。トイレ内、立入禁止エリア内での撮影は禁止です。 一部の立入禁止エリアでも撮影が認められています。地図や現地で説明させて頂きます。その他の立入禁止エリアには絶対に入らないでください。また、立入可能か不可か分からない場合は、弊社スタッフに確認してください。撮影中は一般の方のロケーション観覧を優先してください。もし、撮影を求められた際は、 お断り頂いて構いません。
カメラマンさんからモデルさんへのポーズ強要、了承のない撮影、スキンシップ強要、マッサージと称したスキンシップ行為、衣装直しと称したスキンシップ行為等はすべて禁止と致します。


動画撮影
動画撮影は可能ですが、スマートフォン、タブレットによるもののみとなります。動画撮影のために場所を長く独占することはお止めください。他の参加者、一般の方や車両等が映り込まないように撮影ください。

・撮影機材について
撮影機材類や小道具などの組み立て及び準備は他の参加者の邪魔にならぬよう注意を払い、 撮影場所にて行い、移動の際は折りたたんでください。撮影中も周囲の邪魔にならぬよう配慮をお願いします。撮影、通行の邪魔になる大型機材の持込、使用も禁止とします。キャリーケースの車輪使用はアスファルト、コンクリート上のみでお願いします。植物、土、岩の上では使用しないでください。また、ライトスタンド、三脚等を植物の上には立てないでください。 赤外線撮影、小型カメラ、過度なサイズの望遠レンズの使用は禁止です。時折、強い風が天候や時期により吹くことがあります。そのため、三脚以外のライトスタンド等の機材を持参することをお勧め致しません。もし、持参され、破損や紛失があったとし ても弊社は責任を一切負いません。持参される方は下記の必読をお願い致します。
​よくある事例として、通り雨の際にカメラマンさんより当スタッフへ「傘をさして欲しい」とのリクエストを受けますが、スタッフは手伝いませんのでご自身で天候に対応した装備をお願い致します。
三脚及びライトスタンドの使用は床でのみご使用ください。ロケーション先の机や椅子、備 品等の上には置かないでください。また使用は地上から2 メートル以内のものに限ります。 ライトスタンド、三脚等は 1 グループ 1 台までの使用に限ります。もし、グループ内にカ メラマンさんが複数いらっしゃる場合、別々に撮影されている場合はそれぞれでの使用を認めますが、ほぼ同一の場所で行動される場合や、交代で撮影される際は1グループ単位と考えます。その際は1台以上とならぬよう、お気を付け下さい。 撮影機材の持ち込み使用可能展開時サイズは、ソフトボックス、アンブレラは 90cm以内の ものでしたら持ち込み可能です。レフ版も90cm以内のものをお願いします。


・武器などに小道具について
 大きさについて(重さ、長さ) ロケーションの地面や岩肌を変形させるような形、6キロ以上あるものはお控えください。 長さについて、制限はありません。ただし、槍や大型の大剣などは、分解することが出来る ものをお願い致します。また、一般の方や、他の参加者の方の迷惑にならないこと、ロケー ションを毀損させないよう、撮影中の取扱にお気を付けください。ご質問は随時受付けております。模造刀などの材質は木製、PVC など、金属製でないものを許可致します。一般のお客様が お近くにいらっしゃる場合、抜刀しない、布などで覆いください。 あくまでも自己責任においての管理をお願い致します。

・モデルガン等、銃類について
モデルガン、自作銃などの銃器は、玉の装填されたものは全て禁止致します。 スタッフが、弾が装填されていないか撮影前にチェックさせて頂きます。また、撮影中にも 確認させて頂くことがございます。ご協力の程、よろしくお願いします。 ※現地ロケーション関係者、一般のお客様が脅威、不安を与える武器、小道具等に関しては、 事前チェックで承認した物でも、急遽、利用を取り止めて頂く場合がございます。ご了承下さいませ。

・着換え、メイク等について
移動前に当施設(Hostel Ayame の客室、もしくは更衣室)でお着替え頂きます。緊急事態の場合のみ、男性スタッフが入室することがあります。お着替えされている方と異性の方は入室出来ません。更衣室以外での着替え、メイクは禁止です。スプレー類、ミスト類のロケーション先での使用及び、ウィッグカットは禁止です。 公務員(警察官、自衛官、消防士等)、現在使われている、国家機関、ガードマンのコスプレ、これらと類似し、勘違いさせてしまうような衣装の着用、下着と勘違いされてしまうような衣装の着用は禁止です。


・血糊について
特別に血糊の使用を許可しますが、条件を満たした場合のみ利用可と致します。 ①会場や備品への付着禁止。もし、付着した場合は早急にお知らせください。 ➁あらかじめ衣装へ付着させ、完全に乾いた状態でロケーション先へお持ちください。 ③顔や体への塗り込みは現地への移動開始前、もしくは現地に到着後に車内でお願いしま す。車内に付着させないでください。万が一のために水で落とせるものを使用し、完全に 乾いた状態で移動ください。 ④死を連想させるもの、恐怖をあたえるホラー系作品への使用は禁止です。 ⑤万が一、ロケーション先、車内、当施設を毀損させた場合は当事者の賠償責任となります。 ⑥移動中は衣装や顔を衣類で覆ってください。 ⑦使用する場合は事前相談をお願い致します


・露出基準について
まずはご相談ください。ただし、公序良俗に反するもの、公然わいせつに当たる衣装、下着を着用しない衣装、胸やワキなど衣装の隙間から極端に下着が見える衣装、下着が透けて見える衣装の着用は禁止とします。 女性が男装で胸元が大きく開いたコスプレを行う場合、ボディファンデーション等の着用をお願いします。 筋肉スーツの上半身露出は可能ですが、撮影以外では衣服を着用するか、羽織るようお願いします。


・天候について
7日前に天気予報を参考に相談させて頂きます。雨天の場合、弊社判断により中止する場合がございます。台風や大雨洪水警報等が出た場合は中止とし致します。それ以外の悪天候、小雨などの場合は当日の天気予報を参考に判断致します。曇りは撮影中止となりません。


・キャンセルポリシー
撮影日の14日前までを無料キャンセル期間とします。天候、天災による中止以外の返金は行いません。 7日前に天気予報を参考に連絡させて頂きます。中止となった場合、日程の振替をお考え頂くか、ロケーションの変更にて対応いたします。返金はお客様の振込料負担により返金致します。